製品・サービス

Seiko Trust タイムスタンプ

概要

導入事例

セミナー・動画

コラム

FAQ

資料・お問い合わせ

概要

「セイコータイムスタンプサービス」は、20232月に「時刻認証業務の認定に関する規程を定める件(令和3年総務省告示第146号)」に基づく、総務大臣による時刻認証業務(タイムスタンプサービス)認定を取得しました。

「Seiko Trust タイムスタンプ」は総務大臣認定の「セイコータイムスタンプサービス」を使用したタイムスタンプ発行サービスです。既存のインターネット回線を利用することにより、すばやく総務大臣認定の高信頼タイムスタンプ発行サービスをはじめられます。

高速・高精度なタイムスタンプサーバーを活用した時刻認証(タイムスタンプ)により、あらゆる電子データの真正性を保証。時刻認証による電子データの安全性の強化が、スピーディにはじめられるので、知的財産保護・システムへの組込など様々な場面で活用できます。

導入企業

味の素株式会社
株式会社NXワンビシアーカイブズ
千代田ビル管財株式会社
株式会社トウネツ
株式会社千乃コーポレーション
SDT株式会社
株式会社Tcube
東海ソフト株式会社

※リリース順で掲載しています。

導入メリット

■あらゆる電子データの真正性が保証可能

電子データは紙とは異なり
 ・劣化をしない
 ・改ざんがされても分からない
などの理由から、その正当性を主張することは難しいものとされてきました。
それらを解決するのがタイムスタンプです。
タイムスタンプは以下2つの機能によって「存在日時」「非改ざん」を証明することができる技術です。
1、対象の電子データが”いつ“から存在したのかを示す機能
2、タイムスタンプ付与以降改ざんが行われたら検知をする機能
 そのため、知的財産保護対象の文章や契約書等に用いることで、その真正性を主張することができます。

特長

■総務大臣認定/国際基準企画「RFC3161」準拠

「Seiko Trust タイムスタンプ」が使用している「セイコータイムスタンプサービス」は、2023年2月に「時刻認証業務の認定に関する規程を定める件(令和3年総務省告示第146号)」に基づく、総務大臣による時刻認証業務(タイムスタンプサービス)認定を取得しました。また、国際標準規格「RFC3161」に準拠したサービスとなっているため、この規格に沿った使い方であれば、お客様側で開発など自由に行うことが可能です。

■少量利用も可能

知的財産保護の目的などで、「付与したいPDFは少ないが確実にタイムスタンプを付与しておきたい!」という方は、Adobe Acrobat Readerと掛け合わせてご利用いただくことが可能です。Adobe上に簡単な設定をするだけですぐにスタートすることができます。

※一括検証機能はありませんので、電子帳簿保存法対応の際は「COMPACT IN」「eviDaemon」をご検討ください。

導入事例

株式会社NXワンビシアーカイブズ 様

  • 電子帳簿保存法対応
  • 電子契約
  • 電子請求書配信・インボイス制度
  • 証書配信
  • eviDaemon
  • Seiko Trust タイムスタンプ

株式会社 EDAHA 様

  • 電子帳簿保存法対応
  • 電子契約
  • 電子請求書配信・インボイス制度
  • 証書配信
  • eviDaemon
  • Seiko Trust タイムスタンプ

ピー・シー・エー株式会社 様

  • 電子帳簿保存法対応
  • Seiko Trust タイムスタンプ

三菱電機ビルテクノサービス株式会社 様

  • 電子契約
  • Seiko Trust タイムスタンプ

コラム

トラストサービスの公的枠組み

先日、2019年11月28日付の日経新聞に、『電子書類、20年度に認定制 総務省「本物」にお墨付き』と題した、...

PDF電子署名・タイムスタンプによる先使用権確保・電子包装

特許庁より「先使用権制度の円滑な活用に向けて-戦略的なノウハウ管理のために-」ガイドラインが示されて...

タイムスタンプとは

タイムスタンプは、認定されたタイムスタンプサービス事業者により発行される電子的な時刻証明です。...

FAQ

■概念

タイムスタンプとは?

タイムスタンプとは「特定の時刻に存在したこと」「その後改ざんされていないこと」を証明する暗号セキュリティ技術です。

「セイコータイムスタンプサービス」は、2023年2月「時刻認証業務の認定に関する規程を定める件(令和3年総務省告示第146号)」に基づく、総務大臣による時刻認証業務(タイムスタンプサービス)認定を取得しました。

この総務大臣認定取得によって、セイコーのタイムスタンプサービスは、利用範囲が一層拡大され、海外とのデータ流通への適用も、より容易になっていくことが見込まれます。

タイムスタンプの効力が無くなるときは、どのような場合でしょうか?

タイムスタンプの有効期間が切れた場合に効力はなくなります。または、タイムスタンプを検証した時に検証結果がエラーであった場合も、タイムスタンプの効力は失われます。

タイムスタンプが押された電子データの内容を変更することは不可能でしょうか?

電子データの内容を無理に書き換えることはできますが、その場合、タイムスタンプの検証はエラー(改ざんの疑い)となります。

タイムスタンプは、電子ファイルのハッシュ値で作成するそうですが、偶然一致する確率はどの程度でしょう?

ある電子ファイルのハッシュ値に、偶然一致するハッシュ値が生成される確率は、認定タイム スタンプサービスで使用されているSHA2ハッシュで、2の128乗分の1から2の256乗分の1です。 一般用途に利用されているSHA1ハッシュで2の80乗分の1です。 SHA-2ハッシュであれば、現在のコンピュータ技術では一致させることは困難とされています。 SHA-1ハッシュでも非常に大きなコンピュータリソースと長い時間が必要とされています。

タイムスタンプ付与のため、電子データ内の情報を外に出す必要があるのでしょうか?

タイムスタンプ局に送信されるのは、電子データから計算されたハッシュ値だけです。ハッシュ値から元のデータを復元することは不可能ですので、お客様の電子データの情報が漏えいすることはありません。

■製品

本サービスはどのように使いますか?

アドビシステムズ社のAcrobatを使うことでPDFに簡単にタイムスタンプを使うことができます。 ※一括検証機能は無いため、電子帳簿保存法対応目的の場合には「eviDaemon」「かんたん電子契約forクラウド」をご検討ください。

電子データに押されたタイムスタンプの内容はどのような方法で確認するのでしょうか?

PDFにタイムスタンプを付与した場合は、Acrobat Readerで確認することができます。 PDFをAcrobat Readerで開いたあと、署名タブを選択し、プロパティを開いて、「日付/時刻」タブを確認してください。「署名にタイムスタンプがあります」と記述されていれば、タイムスタンプ時刻が表示されています。

■タイムスタンプについて

タイムスタンプはどこのメーカーでも一緒ですか?

「タイムビジネス信頼・安心認定制度」では、以下の3種類のタイムスタンプが規定されています。 デジタル署名を使用する方式/リンキング方式/アーカイビング方式 現在、最も広く利用されているのはデジタル署名を使用する方式のうちRFC3161に準拠したタイムスタンプです。 弊社サービスもRFC3161に準拠したタイムスタンプを発行するため世界中のアプリケーションで利用することができます。

タイムスタンプで証明される時刻はどの程度正確なのですか?

本サービスでは日本標準時刻に対して1秒以内の誤差で同期していることを保証しています。

タイムスタンプを利用する電子データのサイズが大きいが、ネットワークへの負荷が心配です。

タイムスタンプ局との間で送受信するデータは、数十バイトのハッシュ値とタイムスタンプなどですので、ダイアルアップのような環境でも十分に利用できます。

タイムスタンプ付与のため、電子データ内の情報を外に出す必要があるのでしょうか?

タイムスタンプ局に送信されるのは、電子データから計算されたハッシュ値だけです。ハッシュ値から元のデータを復元することは不可能ですので、お客様の電子データの情報が漏えいすることはありません。

タイムスタンプに有効期限はありますか?

タイムスタンプの有効期間はおよそ10年です。

タイムスタンプを延長することはできますか?

タイムスタンプの有効期間が切れる前に、もう一度タイムスタンプを押すことで有効期間を延長することができます。 JIS X 5092:2008 CMS利用電子署名(CAdES)の長期署名プロファイル JIS X 5093:2008 XML署名利用電子署名(XAdES)の長期署名プロファイル RFC3126 などで標準化されています。

電子データにタイムスタンプが押される事で、どのようなメリットがあるのでしょうか?

電子データがタイムスタンプ時刻に存在していたことが確定されます。 たとえば、似たような研究をしていた場合にどちらがより早く成果を出したかをタイムスタンプを使って証明することができます。

資料ダウンロード

Seiko Trust タイムスタンプ

お問い合わせ

Seiko Trust タイムスタンプ お問い合わせはこちら
セイコータイムスタンプサービス 特設サイトはこちら

お問い合わせ

製品・サービスへのお問い合わせ、見積もりはこちら

mailお問い合わせ